シロの知らなきゃ損する、ちょっといい話♪

たくさんの人に知っていただきたい私のお気に入りや旅情報、お得情報を紹介しています。たまに夫の記事も混ざります。 これからも多彩なジャンルの記事を独自の目線で書いていきます^ ^

名言ネコその①(=゚ω゚)ノ世界が平和になるように(=゚ω゚)ノ

ある日、Facebookの「友達」の投稿見てて思ったことがあった(´・ω・`)

過去の偉人の名言を毎日投稿してくれる「友達」の投稿なのですが、その投稿見て、「なるほど」と思うことは今でもしょっちゅうある(∩´∀`)∩でもさ・・・元ミュージシャン的には「自分の名言を残したいのだ(=゚ω゚)ノ」って思うじゃん?(´・ω・`)

 

f:id:sunrise181018:20181108231243j:plain

ってことで、生み出した「名言ネコ」というキャラ(*´ω`*)

 

自由気ままな飼い猫「シロ」と、自由気ままに41年間も生き続けた私を融合させたキャラだ( *´艸`)

 

ところで、世の中、ブラック企業だのなんだの・・・ブラックな気質ってさ、実は皆が作り出してる気がしますよね?(ΦωΦ)

例えば、飲食店にて注文したのに出てくるのが遅いということで怒鳴りちらしてる人(´・ω・`)スーパーやコンビニにて研修生の名札付けてる従業員が対応できなくて怒り狂ってる客(´・ω・`)

・・・・結局、その怒鳴り散らしてたり怒り狂ってる人のせいで、それの対応する羽目になる仕事が「ブラック」になる気がします(; `д・´)

 

長時間労働が「ブラック」として話題になることが多いですが、果たして「長時間だからブラックなのだろうか?」といつも思ってるんです(´・ω・`)ブラックなのは単純に長時間なのではなく、「理不尽」と「ストレス」な気がします(=゚ω゚)

というのも・・・バンドマンだった時に3日間で睡眠時間2時間みたいな時が1回ありました(;^ω^)流石にきつかったのでアレは今でも覚えてます(;^ω^)でも、自分のバンドのCDが全国のどこのCD屋さんでも買えるようになるって段階だった時でして、その長時間労働を「苦」だと思いませんでした(´・ω・`)むしろ楽しみというかなんというか(´・ω・`)今も自営業なので、36時間起きてるとかそういうのあるけど、別に自分でやってるんで特にコレをブラックだと思わないんです(=゚ω゚)

 

他方で耐えられないものが出てきます(´・ω・`)生きてきてずっと自由気ままな私には、沢山の頼もしい味方がいるとともに、沢山の敵が何故か大量に発生してしまいます( ̄▽ ̄;)まあ、その「敵」の存在なのですが(´・ω・`)

敵は多分私の妻が可愛いのが羨ましい(?(´・ω・`))とかその手の理由で発生してしまうんです( ̄▽ ̄;)クソ理不尽ですよね(;^ω^)

 

でも、私はその人に何もしてないのに、その人は私を攻撃してくる(´・ω・`)

 

f:id:sunrise181018:20181108231316j:plain

そして私はなぜか「厳しい人」と思われてることが多い( ̄▽ ̄;)その理由が、そういった私は何もしてないの

f:id:sunrise181018:20181108231338j:plain

に私を攻撃する人を全く許さないからだ(´・ω・`)

 

いや・・・でもさ・・・冷静に考えて許す必要ないですよね?( ̄▽ ̄;)

私は「許してあげようよ(=゚ω゚)ノ」って論調が好きではないんです(´・ω・`)なぜなら「許してやる」って思ってる時点で、その相手を見下してるじゃないですか?(´・ω・`)

自分を攻撃してくる相手が五体満足の時点で、対等なのですから、「許してあげる」という相手を見下した態度を取る必要は全くありません(´・ω・`)

 

そして日本にいると更に厄介な奴が現れます(あ、ちなみに夫氏は性格形成時期の幼年期をアメリカ合衆国で過ごしてます)(´・ω・`)

 

それは・・・「儒教」という宗教に洗脳されてることに本人が気づいてないという「その人」だ(; `д・´)

 

「その人」は能力に関係なく「オレは先輩だからオレの言うとりにしろ!!( ゚Д゚)」というレベルでヤバイ奴です!!Σ(゚Д゚)

 

日本は・・・先進国として法治国家なので、儒教に支配された宗教国ではないですよね?( *´艸`)

 

f:id:sunrise181018:20181108231802j:plain

って感じで、色々とダラダラ言いましたが、「許してやる」必要はない(=゚ω゚)ノただ、世の中の全てを「楽しもうぜ!(=゚ω゚)ノ」ってことで、私の「名言ネコ」がマジで「名言」となる日が来たら世界は平和だと思う(*´ω`*)

 

世界22か国で翻訳された、フランスのベストセラー

「猫はためらわずにノンと言う」

気楽に読める1冊です。